Tutorial

english.pngPlease click the flag when you prefer English information

SIGViewer起動時にjvm.dllが見つからないというエラーが出る

Javaのアップデートを行うとこの問題が生じることが確認されています.Javaアップデータが環境変数を更新してくれない事が原因です.Javaをアップデートした場合,以下の手順で環境変数を手動で更新してください.

Windowsメニューのコンピュータで右クリック→プロパティ→システムの詳細設定→詳細設定タブ→環境変数

widowsの環境変数Pathに最新版の jvm.dllがある以下のパスを追加する.

※以下は例です.各自の環境に合わせてディレクトリ名に含まれるバージョンの数字を最新版にして下さい.

C:\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_66\bin\client\

SIGViewerが起動しない

SIGViewerが立ち上がらないときは Java VMの設定オプションを変更すると起動する場合があります。 SIGViewerがインストールされている場所(デフォルトではc:\Program Files\SIGViewer_**) の中の

SIGViewer\release\X3DParser.cfg

を編集します。

このファイルの最後に

#
# Other JavaVM Options
#
[Others]
-Xmx500M

と書かれており、ここでSIGViewer起動時にJavaVMが確保するメモリの量が設定されています。この値を小さくすることによって起動することがあります。

-Xmx500M

    ↓

-Xmx300M

SIGViewerのログファイルが作成されない

Windows vista以上のOSではSIGViewerをc:\Program Files以下にインストールした場合、ログが作成されないことがあります。

この時通常、

c:\Program Files\SIGViewer_<version>\SIGViewer\release\

にSIGViewerのログSIGViewer.logが作成されますが、以下の手順で作成されるようになります。

スタートメニューまたはアイコンからSIGViewer.exeを実行する際に、マウスを 右クリックし、コンテキストメニューから「管理者として実行」を選びます.

または、毎回この作業を行うのは面倒なので、SIGViewer.exeを右クリッ クして「プロパティ」を選び、出てきたダイアログの「互換性」タブの下部にあ る「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れておきます.

SIGViewer起動時に「OpenALが初期化できない」というエラーが出る。

SIGViewerの設定ファイルstartup.cfgに以下の行を追加します。

ENABLE_OPENAL_VOICE_CAPTURE=false

※音声の録音等、一部の機能が使用できなくなります。

SIGViewer起動時にMSVCR71.dllがないというエラーが出る

以下のページから,Microsoft .NET Framework Version 1.1 再頒布可能パッケージをダウンロードし,インストールして下さい.

http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=26

Counter: 1010, today: 1, yesterday: 0

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2015-12-24 (Thu) 11:36:22 (695d)