SIGVerse_v3はUnityを利用しており、Windowsで動作します。 ここでは、SIGVerse_v3(beta版)に必要な設定について説明します。

またROSを使用したサンプルはこちらのページにて説明します。

システム要件

Unityを使用しますが、OSはWindows 10で動作確認を行っております。

その他のシステム要件は基本的にUnityのシステム要件に準拠してください。

環境構築

Unityのインストール

SIGVerseの開発環境となるUnityをインストールします。

  1. ダウンロードページから、Unity 5.6.3(2017/08/18にセキュリティパッチ5.6.3p1が出ています)→ダウンロード(Win)→Unityインストーラを選択し、インストーラをダウンロードします。
  2. インストーラを実行し、手順に従ってインストールを進めます。
  3. 次に、Unityを起動し、以下の手順でUnityアカウントを作成後、サインインします。
    • サインイン画面の「Create one」をクリック
    • アカウントを登録(ブラウザ上での登録)
    • 登録したアカウントを利用して「Sign In」
    • Licenseで「Personal」を選択(所属に応じて選択)
    • License agreementでは中央の「less than $100,000」を選択
    • Surveyでアンケートに答える

以上の手順で、Unityを利用した開発が可能になります。

SIGVerse_v3のUnityプロジェクトのダウンロード

  1. こちらからGitリポジトリをダウンロードします。
  2. 「Clone or download」→「Download ZIP」でzipをダウンロードし、任意の場所に展開してください。

Gitを利用されている方は、Windows環境の任意の場所にリポジトリをCloneしてください。

Unityプロジェクトの開き方

  1. Unityを起動し、「OPEN」をクリックします。
  2. フォルダの選択画面が表示されるので、前項でダウンロードしたプロジェクトを選択し(「unity_project」→「SIGVerseProject」)、 「フォルダーの選択」ボタンをクリックします。

サンプルプログラムの実行

Unityシーンの開き方

Unityのサンプルシーンは基本的に以下の操作で実行します。

  1. UnityでSIGVerse_v3プロジェクトを開きます。
  2. [Project]タブの[Assets/SIGVerse/SampleScenes/xxxxx/yyyyy(.unity)]をダブルクリックしてシーンを開きます。
  3. Unity画面の上部中央にある再生ボタンをクリックしてシーンを再生します。
  4. SIGVerseメニューの[Start]をクリックして、シーンを開始します。

キャラクター視点で歩行するサンプルシーンの実行

起動手順

こちらを参考に[Assets/SIGVerse/SampleScenes/SampleHouse/SampleHouse(.unity)]シーンを開始します。

実行

画面上で十字キー操作を行うとキャラクター視点でキャラクターが移動します。

キャラクター動作の記録・再生を行うサンプルシーンの実行(テキストファイル使用)

本シーンでは、キャラクター及び幾つかのオブジェクトの動きをテキストファイルへ記録・再生することができます。

起動手順

こちらを参考に[Assets/SIGVerse/SampleScenes/Playbacker/Playbacker(.unity)]シーンを開始します。

テキストファイルへの記録

  1. PlaybackerメニューのModeで[Text Recorder]を選択します。
  2. [Output File]など、幾つかの設定を行います。
  3. [Start]ボタンを押下すると、テキストファイルへの記録を開始します。
  4. キャラクターを十字キーで操作します。
  5. [Stop]ボタンを押下すると、テキストファイルへの記録を終了します。

テキストファイルからの再生

  1. PlaybackerメニューのModeで[Text Player]を選択します。
  2. [Input File]で、上記の記録手順で設定したファイルパスを設定します。
  3. [Start]ボタンを押下すると、再生を開始します。
  4. [Stop]ボタンを押下するか、記録時間を経過すると、再生を終了します。

キャラクター動作の記録・再生を行うサンプルシーンの実行(MySQL使用)

本シーンでは、キャラクター及び幾つかのオブジェクトの動きをMySQLへ記録・再生することができます。

MySQL使用設定

MySQLを使用する場合、最初に幾つかの手順が必要です。

まずSIGVerse設定画面でMySQLを使用するよう設定します。

  1. Unityエディタの[SIGVerse]-[SIGVerse Settings]をクリックして、SIGVerse設定画面を開きます。
  2. [Define symbols Settings]の[Use MySQL]にチェックを入れます。

Unityエディタでエラーが発生しますので、ライブラリを追加します。

  1. MySql.Data.dll をココ からダウンロードして、[Assets]タブの[Plugins]の下に配備します。
    ([Connector/Net]のバージョンは[6.7.9]、OSは[.NET & Mono]を選択し、zip解凍後の"v2.0"フォルダの中にあるdllで動作確認済みです)
  2. System.Data.dll をUnityインストールフォルダから取得して、[Assets]タブの[Plugins]の下に配備します。
    (C:\Program Files\Unity5.6\Editor\Data\Mono\lib\mono\2.0の中にあるdllで動作確認済みです)

またMySQL Serverを構築します。詳細は省きますが、概要は次の通りです。

  1. MySQL Serverをインストールします。(5.7.18で動作確認しました。MySQL Workbenchもインストールすると便利です。)
  2. "sigverse"という名前のSchema(データベース)を作成します。
  3. "sigverse"に対して更新権限を持つMySQLユーザを作成します。
  4. "sigverse"の下に"playbacker_motion_data"というテーブルを作成します。
    テーブル作成スクリプトは次の通りです。
    CREATE TABLE `playbacker_motion_data` (
      `recording_id` int(11) NOT NULL,
      `elapsed_time` int(11) NOT NULL,
      `data_type` int(11) NOT NULL,
      `motion_data` text NOT NULL,
      PRIMARY KEY (`elapsed_time`,`data_type`,`recording_id`)
    ) ENGINE=InnoDB DEFAULT CHARSET=utf8;

起動手順

こちらを参考に[Assets/SIGVerse/SampleScenes/Playbacker/Playbacker(.unity)]シーンを開始します。

MySQLへの記録

  1. PlaybackerメニューのModeで[Database Recorder]を選択します。
  2. [Unique ID]やデータベース接続情報など、幾つかの設定を行います。
  3. [Start]ボタンを押下すると、MySQLへの記録を開始します。
  4. キャラクターを十字キーで操作します。
  5. [Stop]ボタンを押下すると、MySQLへの記録を終了します。

MySQLからの再生

  1. PlaybackerメニューのModeで[Database Player]を選択します。
  2. 上記の記録手順で設定したデータベース接続設定や[Unique ID]と同じ設定を行います。
  3. [Start]ボタンを押下すると、再生を開始します。
  4. [Stop]ボタンを押下するか、記録時間を経過すると、再生を終了します。

Counter: 885, today: 1, yesterday: 1

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2017-09-11 (Mon) 14:09:28 (36d)