Up:Tutorial?    Previous:SIGViewerのインストール?     Next: SSH接続?  

ポートフォワーディングでサーバに接続する方法

まず、SIGVerseサーバに接続するためにはsshクライアントの環境を構築します。

このチュートリアルではCygwinのsshが使える環境を前提とします。 SIGVerseはSIGVerseサーバとクライアント(SIGViewer)の間でデータの送受信を行います。NIIの外からNIIサーバに接続する際には、firewallにより通信できない場合があるので、ssh(ポート番号22)によるポートフォワーディングを使って接続する必要があります。以下にその方法を説明します。NII以外の自作のサーバ環境で作業を行う場合で、firewallによるブロックがない環境の方はこのページは飛ばしてください。

※ポートフォワーディングの設定は次のページSSH接続?でビューワーから行うこともできます。

1.Cygwinによる設定

ローカルポートフォワーディング

ローカルポートフォワーディングの方法について説明します。基本的にはこれだけでサーバとクライアントの間でデータの送受信ができるようになります。Cygwinでsshを使ってNIIサーバに接続する場合、接続時に-Lオプションを使ってポートフォワーディングするポート番号を指定します。設定方法は以下のようになります。

-L [クライアントで使用するポート番号]:localhost:[サーバで使用するポート番号]

クライアント側と、サーバ側で使用するポート番号を指定します。これらの番号は空いているポート番号でしたら何番でも構いません。混乱を避けるため:localhost:ではさんだ2つのポート番号を同じ番号にすることをお勧めします。

真ん中のlocalhostはポートフォワーディングを行う中継サーバのホスト名です。

リモートポートフォワーディング(サービスプロバイダ機能使用時)

SIGVerse APIの一部(detectEntities、captureView)を使用するときにはクライアント側(SIGViewer)をサービスプロバイダとして使用するためリモートポートフォワーディングの設定を行う必要があります。サーバ側からクライアント側へのポートフォワーディングは-Rオプションを使って行います。

-R [サーバで使用するポート番号]:localhost:[クライアントサービスプロバイダのポート番号]

このとき:localhost:ではさんだ2つのポート番号は一致させなければなりません。

また、先ほど-Lオプションで指定したポート番号とは別のポート番号を指定します。デフォルトではクライアントサービスプロバイダのポート番号は8000番に設定されています。

ポートフォワーディングによる接続

それではポートフォワーディングでサーバに接続してみましょう。サーバへのログイン時に双方向のポートフォワーディングを同時に行います。

クライアント→サーバのポートフォワーディングによるログインの場合

$ ssh hoge@socio.iir.nii.ac.jp -L 9001:localhost:9001

双方向ポートフォワーディングによるログインの場合

$ ssh hoge@socio.iir.nii.ac.jp -L 9001:localhost:9001 -R 8100:localhost:8100

TeraTermなどの他のsshツールを使ってサーバにログインする場合など、サーバにログインせずにポートフォワーディングを行いたい場合は-Nオプションをつけます。

$ ssh hoge@socio.iir.nii.ac.jp -L 9001:localhost:9001 -R 8100:localhost:8100 -N

ここではクライアント→サーバへのポートフォワーディングはクライアント側、サーバ側ともにポート番号9001を指定し、サーバ→クライアントへのポートフォワーディングは8100番を指定しました。-L、-Rオプションで指定したポート番号は空いている番号でしたら何番でも構いません。(他人とかぶりにくい番号にすることをお勧めします)また、-Rオプションで指定した、ポート番号はSIGViewerで設定したサービスプロバイダのポート番号と一致させる必要があります。設定方法は次項で説明します。

設定が完了したら3.SIGViewerによる動作確認へ進みます。

2.Tera Termによる設定

TeraTermによる設定方法はこちら(工事中)

3.サービスプロバイダの設定

SIGVerse, SIGViewerのインストールがまだ完了していない場合はSIGVerseのインストール(NIIサーバ),SIGViewerのインストール?でそれぞれインストールしておきます。

SIGViewerの設定(detectEntities, captureView使用時)

SIGViewerのサービスプロバイダ関連の設定を行います。 ここで行う設定はSIGViewerのバージョン1.3以降で可能です。 SIGViewerの設定ファイルはインストールした場所 (デフォルトではc:\Program Files) の

SIGViewer_<version>\SIGViewer\release\

にあるstartup.cfgです。 startup.cfgのサービスプロバイダ関連の設定を以下のように編集します。

編集前

# ---------------------------------------------------
#  SIGViewerのサービスプロバイダ関連の設定
# ---------------------------------------------------

# SIGViewerをサービスプロバイダとして登録するか
VIEWER_AS_SERVICE_PROVIDER=true 

# サービスを受け付けるホストアドレス
# この項目を指定しない場合は、自動的にSIGViewerを実行している
# マシンのIPアドレスになる.
#SERVICE_PROVIDER_HOST=127.0.0.1

# サービスを受け付けるポート番号
SERVICE_PROVIDER_PORT=8000

編集後

# ---------------------------------------------------
#  SIGViewerのサービスプロバイダ関連の設定
# ---------------------------------------------------

# SIGViewerをサービスプロバイダとして登録するか
VIEWER_AS_SERVICE_PROVIDER=true 

# サービスを受け付けるホストアドレス
# この項目を指定しない場合は、自動的にSIGViewerを実行している
# マシンのIPアドレスになる.
SERVICE_PROVIDER_HOST=127.0.0.1

# サービスを受け付けるポート番号
SERVICE_PROVIDER_PORT=8100

SERVICE_PROVIDER_HOSTの行のコメントアウトを解除しました。ここで、サーバ側が認識するサービズプロバイダのIPアドレスを設定します。双方向のポートフォワーディングをする場合サーバ側はサービスプロバイダのIPアドレスをローカル・ループバックアドレス(127.0.0.1)として認識します。(コメントアウトしている場合はクライアント側のIPアドレスが自動的に設定されます。)次にSERVICE_PROVIDER_PORTの行で先ほどポートフォワードしたサービスプロバイダのポート番号(8100番)を指定します。

以上で設定は完了です。

ポートフォワーディングが成功しているかどうかはテスト実行で確認することができます。

更新履歴

Up:Tutorial?    Previous:SIGViewerのインストール?     Next: SSH接続?  


Attach file: filetera_8.jpg 769 download [Information] filetera_7.jpg 709 download [Information]

Front page   Edit Freeze Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes
Last-modified: 2012-10-29 (Mon) 14:56:52 (3749d)