// &color(red){&size(24){1月17日は電源メンテナンスのためこのwikiは閲覧できません.18日の午前10時頃に再開予定です};};

RIGHT:[[&ref(./english.png,30%); Please click here when you prefer English information:http://www.sigverse.org/wiki/en/]]
//&engpage("SIGVerse");

----

このウェブは,社会的知能発生学シミュレータ(SIGVerse ™)の情報を発信するページです.

//&color(#f00){&size(24){最新ニュース:  2020年10月に [[RoboCup@Home Simulation>https://sites.google.com/view/robocup-athome-sim/home]] をロボカップジャパンオープンにて実施します.};};

//&color(#f00){&size(24){最新ニュース:  2021年1月開催のCESにてSIGVerseが紹介されることになりました.(詳細情報は後ほど掲載します) };};



//#ref(Concept_image.jpg)
#ref(SIGVerse_concept_jp.jpg)
(SIGVerse™のコンセプトイメージ:この図を含め,本ページの内容の無断再利用はできませんので,ご注意下さい)

*** SIGVerse™とは? [#leade406]

人間とロボットが言語的・物理的・認知的インタラクションを行いながらタスクを達成するという状況を扱う研究分野はHuman-Robot Interactionと呼ばれ,近年のロボット研究の大きなトピックになっています.例えば,部屋の片付けをする家庭用サービスロボットなどが典型的な例になりますが,そのような研究を実施するには,研究室にリビングルームを設置し,ロボットを購入または開発し,長時間の被験者実験などを繰り返すなど,空間的・予算的・時間的コストが膨大にかかります.それを手軽にシミュレーションの世界で実現し,大学の研究者でなくとも研究を進めることが可能な環境を提供するのがSIGVerseです.仮想ロボットがシミュレータの中で動作するだけでなく,現実世界の人間がバーチャルリアリティーのデバイスを介して,ロボットと言語的・身体的・認知的インタラクションをリアルタイムで行うことが可能です.これにより,OpenAI GymやDeepMind Labなどのような,実機のロボットを使わずに機械学習アルゴリズムとシミュレータのみでロボットの運動スキルを獲得させるような研究を,Human-Robot Interactionの分野でも実施できる可能性が広がります.

詳細については,逐次学会等で発表を行って行きます.発表については[[こちらのページ>発表・講演等のリスト]]をご覧下さい.


*** どうすれば使えるの? [#x93b8c18]
//SourceForge でインストーラを公開しています.[[こちらのページからダウンロード>https://sourceforge.net/projects/sigverse/]]をお願いします.
GitHub でインストーラを公開しています[[こちらのページからダウンロード>https://github.com/SIGVerse/sigverse_unity_project]]をお願いします

[[チュートリアルはこちらへ>Tutorial for ver.3]]

*** 質問がしたい [#e089bac4]
- 英語による SIGVerse Users Group ML があります.[[参加のご希望はこちらからどうぞ>https://groups.google.com/forum/?hl=en&fromgroups#!contactowner/sigverse-users]]
- Facebook にも Users Group があります.参加のご希望は[[こちらからどうぞ>http://www.facebook.com/groups/231791426880175/]]

*** 誰が作っているの? [#f8a5332b]

SIGVerse は[[社会的知能発生学研究会]]での議論から着想を得て,国立情報学研究所の稲邑哲也がグループリーダーとして開発を進めています.
共同研究などへの応用については大歓迎ですので,[[国立情報学研究所の稲邑哲也>http://www.nii.ac.jp/faculty/informatics/inamura_tetsunari/]]までご連絡下さい.

*** 最新ニュース [#l16a6828]
- 2022年10月にIROS 2022 Competition において,Interactive Service Robot Competition in Cyberspace (@Home Simulation OPL) が採択されました
- 2021年11月にRoboCup Asia Pacific での RoboCup@Home Simulation OPL が開催されました
- 2021年5月31日:[[SIGVerse の総合論文が発行されました.SIGVerseを使った研究成果を発表される際にはこの論文の引用をお願い致します.>https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/frobt.2021.549360/full]]
- 2020年10月に [[RoboCup@Home Simulation>https://sites.google.com/view/robocup-athome-sim/home]] をロボカップジャパンオープン(Virtual)にて実施しました.
- 2020年9月19日に[[iHR研究会にてAWS上でのSIGVerseの活用についてのチュートリアルを行いました.>https://www.i-homerobotics.org/activity/iHR10]]
- 2019-11-08 国際会議IROSにおいて,[[SIGVerseのチュートリアル>http://www.sigverse.org/wiki/en/index.php?Tutorial%20at%20IROS2019]]が開催されました
- 2019-08-16 ロボカップジャパンオープンにおいてSIGVerseをベースとした@ホームシミュレーション競技会が実施されました
- 2019-05-31/06-01 NII OpenHouse でSIGVerse を用いた体感デモが行われました
- 2018-10-15 SIGVerse ver.3 をベースにしたロボット競技会 World Robot Summit が開催されました
- 2017-02-22 SIGVerse ver.3 のβ版をリリースしました



- [[過去のニュース]]

*** 今後の予定 [#l8112fd2]
- 2020年10月開催予定のRoboCup Asia Pacific での RoboCup@Home Simulation は2021年に延期されます.
- 2022年10月にIROS 2022 Competition において,Interactive Service Robot Competition in Cyberspace (@Home Simulation OPL) が開催されます


*** 社会的知能発生学とは? [#i36a6be0]

このキーワードは,[[社会的知能発生学研究会]]という研究会で考案されたキーワードです.この研究会では人間やロボットの知能の原理に迫ることを目的として、身体と環境との物理的相互作用や社会的相互作用、進化の役割などを探求しています。
 具体的には、認知科学、発達心理、脳科学、複雑系など、人や動物のような複雑なシステムの原理を探求する学問からヒントを得ながら、ロボットやシミュレーションなどを用いた構成論的・計算論的アプローチに基づいた議論を展開しています.

[[詳細はこちらのページへ>http://www.sociointelligenesis.org/]]

----
#counter

Front page   Edit Diff Backup Upload Copy Rename Reload   New List of pages Search Recent changes   Help   RSS of recent changes